スキニーレッグにサイズはあるの?フリーサイズ?

スキニーレッグ サイズ

 

スキニーレッグを購入する時にサイズと素材を確認しないと購入出来ませんよね。もしもスキニーレッグのサイズが自分のサイズに合わない場合は購入しても履くことは出来ませんし、もしもスキニーレッグの素材で自分の肌が荒れてしまうような素材が入っている場合も購入は控えたいものです。ここでは、トラブルが起こる前にスキニーレッグのサイズと素材についてご紹介いたします。

 

スキニーレッグのサイズはフリーサイズ?

 

まずは、スキニーレッグのサイズについて確認してみました。スキニーレッグのサイズについてはフリーサイズになっていました。分れてはいませんので購入する時には注意したいですね!

 

では、フリーサイズってどのようなサイズ目安になっているのかというと、大体Mサイズ〜Lサイズになっています。つまり、普通に服を購入する時のサイズがMサイズとLサイズなら問題なく購入しても履けるということですね!

 

スキニーレッグの素材は?

 

では、次にスキニーレッグの素材についてご紹介いたします。素材については、ナイロンとポリウレタンからなっています。ナイロンは89%でポリウレタンは11%入っています。あまり肌を刺激しそうな素材は使っていないことがこちらから分かりますね。

 

しかし、ポリウレタンで肌が荒れたことがある場合は使用しない方がいいですね。ポリウレタンが肌に合わないのにスキニーレッグで肌に密着していると肌が痒くなる可能性があります。

 

返品は出来る?

 

最後に、もしもサイズや素材が自分に合わなかった場合、返品は返金は受付けてもらえるのでしょうか?結論から言うと、受付けてはもらえません。どうしてサイズや素材が合わないのに返品や返金が出来ないのかというと、それは、購入したものを1度でも肌に付けているからです。

 

やはり、1度でも袖を通してしまうと新品ではなくなりますので、返品や返金は難しくなってしまいます。

 

では、どんな時に返品や返金が出来るのかというと、購入してみたら商品に欠陥があった場合です。この場合は返品や返金対象となりますのでカスタマーセンターに連絡しましょう。

 

スキニーレッグのサイズと素材に関するまとめ

 

ここでは、スキニーレッグのサイズと素材について確認してみました。すると、スキニーレッグのサイズについてはフリーサイズになっていることが分かりました。サイズが分れている訳ではありませんので、購入する前には自分に合うか確認してから購入するようにしましょう。

 

また、素材についてはナイロンとポリウレタンで出来ていました。ポリウレタンで肌が荒れたことがある場合は購入を控えてくださいね。レギンスは肌にフィットしてしまいますので、痒みが増大してしまう可能性があります。

 

また、サイズや素材が合わなくても返品や返金は受付けてはいません。返品や返金は、商品に欠陥があった場合のみです。そのため、購入する時にはトラブルにならないようにサイズと素材は確認してから購入するようにしたいですね!